日本プロセス化学会2016サーマーシンポジウムンポジウム

講演プログラム


第1日目【7月28日(木)】

9:15~9:20
開会の辞  廣瀬 芳彦(EnzymeWorks)
9:20~9:40 (基調講演:日本プロセス化学会の歩み)
プロセス化学の発展を志向してー日本プロセス化学会の歩みと展望
塩入 孝之 名誉会長  座長:左右田 茂(office Well SODA)
9:40~10:20 (I-1招待講演)
Fluorometric and colorimetric methods for quantifying palladium in pharmaceuticals
小出 和則(University of Pittsburgh)  座長:須貝 威(慶応大薬)
10:20~10:35
コーヒーブレーク
10:35~11:10 (I-2招待講演)
PLCMにおけるプロセス化学の戦略的活用
嶋田 薫(ラクオリア創薬)  座長: 水船 秀哉(武田薬品工業)
11:10~11:50 (I-3招待講演)
迅速合成触媒による生命機能分子・ナノ炭素分子の創製
伊丹 健一郎(名大院理)  座長:高橋 和彦(大日本住友)
11:50~12:50
昼食休憩
12:50~14:00
オーラルプレゼンテーション(1P-01~1P-49)  座長: 中村 修一(名工大院工)
14:00~15:30
ポスター会場討論 (イベントホール)
15:30~16:05 (I-4招待講演)
次亜塩素酸ナトリウム5水和物結晶と有機合成への応用
杉山 幸宏(日本軽金属)  座長:増井 義之(シオノギファーマケミカル)
16:05~16:40 (I-5招待講演)
Process Development of Generic API
Zhenrong Guo(Apeloa Pharmaceutical)  座長:田上 克也(エーザイ)
16:40~17:20 (I-6招待講演)
触媒支配の化学合成を目指して
山本 尚 (中部大分子性触媒研究セ)  座長:森 裕二(名城大薬)
17:40~19:40
情報交換会 (イベントホール)

※企業展示会開催時間
<7月28日> 10:00~17:20 (情報交換会に参加申込みを戴いた場合には、ご希望により情報交換会終了時間まで展示ブースをオープンしていただけます)

第2日目【 7月29日(金)】

9:00~9:35 (I-7招待講演)
生体触媒はプロセス化学に役立つのか?
野尻 増俊 (カネカ)  座長:設楽 永紀(Meiji Seika ファルマ)
9:35~10:10 (I-8招待講演)
Recent examples in applying enzymes for greener synthesis of chiral APIs
Alex Tao(Enzyme Works)  座長: 赤井 周司(阪大薬)
10:10~10:25
コーヒーブレーク
10:25~11:00 (I-9招待講演)
マイクロ波化学、その過去、現在、未来
小田島 弘道(サイダ・FDS)  座長:池田 正弘 (第一三共)
11:00~11:40 (I-10招待講演)
光学活性オキサゾリン配位錯体による触媒的不斉反応の開発
西山 久雄(名大院工)  座長:鴻池 敏郎(大阪合成有機化学研究所)
11:40~12:05
総会  座長:富岡 清 会長
12:05~13:05
昼食休憩
13:05~14:15
オーラルプレゼンテーション(2P-01~2P-48)  座長:松儀 真人 (名城大農)
14:15~15:45
ポスター会場討論 (イベントホール)
15:45~16:20 (I-11招待講演)
工業的な不斉水素化プロセスの開発と実製造への適用
山田 雅俊(武田薬品工業)  座長:満田 勝 (カネカ)
16:20~16:55 (I-12招待講演)
Challenges in API Process Development
Xini Zhang(Alnova Pharmaceuticals)  座長:本多 裕(味の素)
16:55~17:35 (I-13招待講演)
効率的なモルヒネ合成への挑戦
福山 透(名大院創薬)  座長:只野 金一(乙卯研)
17:35~17:40
2016JSPC優秀賞発表  選考委員長
17:40~17:45
閉会の辞  佐治木 弘尚(岐阜薬大)

※企業展示会開催時間は、
<7月29日> 10:00~17:00

講演プログラム(印刷用)