シンポジウムは多数の参加者を迎え盛況のうちに終了いたしました。
ご支援・ご協力を賜りました皆様に厚くお礼申し上げます。

最新情報

  • 2014.11.10 事前参加登録の受付を終了致しました。
  • 2014.9.2 事前参加登録申込の受付を開始致しました。
  • 2014.9.2 日本プロセス化学会2014ウィンターシンポジウムのHPを開設致しました。

→更新情報一覧

ご挨拶

 平素より日本プロセス化学会(JSPC)の活動に御支援を賜り有難うございます。皆様のお陰をもちまして、夏と冬に開催しておりますシンポジウムは、年々大盛況でわが国に於けるプロセス化学の重要性が認知されるとともに、プロセスケミストの情報交換の場としても重要な位置づけを占めるようになっております。
 さて、本年の2014ウィンターシンポジウムを、300年以上の歴史と伝統を持つ「富山のくすり」の地で、12月5日に開催する運びとなりました。企業、大学および行政からそれぞれの分野の最前線でご活躍の先生方をお招きし、「ものつくり」のプロセス等についてご講演いただきます。 また、本年度のJSPC優秀賞に輝いた3つの研究グループにも受賞講演をしていただきます。
 全国のプロセスケミストが、しばし首都圏を離れ、立山連峰の山々と富山湾に囲まれた風光明媚な富山の地で活発な討議を繰り広げていただけることを期待しております。
 本シンポジウムが、プロセス化学の最前線を学ぶ良い機会になると同時に、プロセス化学に関わる方々が産学官の垣根を越えて交流をはかる絶好の場になることを確信しております。
 多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。

              2014ウィンターシンポジウム 世話人:藤堂 洋三(富山化学)
                                       中島 範行(富山県立大)

シンポジウム概要

主催

日本プロセス化学会

  • 協賛:有機合成化学協会、分離技術会
  • 後援:富山市
  • 協力:化学工業日報社

日時

《シンポジウム》
2014年12月5日(金)12:30〜16:50
《情報交換会》
2014年12月5日(金)17:00〜19:00

会場

富山国際会議場
〒930-0084 富山県富山市大手町1-2(アクセスマップ

・JR富山駅より
バス(約5分)「城址公園前」下車、徒歩3分
徒歩(約15分)城址大通りを南へ
市内電車セントラム(約7分)「国際会議場前」下車、徒歩0分
・富山空港より
タクシー(約20分)
バス(空港連絡バス)(約25分)「総曲輪(そうがわ)」下車、徒歩2分
《シンポジウム》
3階 メインホール
《情報交換会》
2階 多目的会議室

講演要旨集広告

広告掲載 募集要項をご覧下さい。
(14process_w_advertise.pdf:622KB)

広告掲載に関するお問い合わせは、下記までお願い致します。

(株)化学工業日報社 企画局
「日本プロセス化学会2014ウィンターシンポジウム」デスク
TEL:03-3663-7936  FAX:03-3663-7861
E-mail:sympo@chemicaldaily.co.jp