シンポジウムは多数の参加者を迎え盛況のうちに終了いたしました。
ご支援・ご協力賜りました皆様に厚くお礼申し上げます。



ご挨拶

皆様には平素より日本プロセス化学会の活動に御支援を賜り厚く御礼申し上げます。 本学会は、本邦初プロセス化学の発展に尽力すべく2001年創設以来、産学の壁を取り払い、学術的、学際的立場からユニークな活動を展開して参りました。
 さて、本学会の年間最大行事2014サマーシンポジウムを7月31日(木)、8月1日(金)の2日間わたり江戸川区タワーホール船堀にて開催する運びとなりましたので、お知らせ致します。
 本シンポジウムでは、内外大手製薬企業より「開発スピード化を意識した取り組み」を中心に最新のトピックスを伺う他、インド最大手CROよりも話題提供頂く予定です。
また、アカデミアより5名のご高名な先生方に、画期的な結晶構造解析技術、全合成の極意、有機触媒と有機金属触媒、量論的有機金属化学など多岐に亘り御講演頂きます。
 本会終了後は、恒例により講師の先生方も交え、寛ぎ語らう情報交換会も開催します。産学官を問わずプロセス化学に携わる者同志、それぞれの立場からざっくばらんに語り合い、親交を深める機会になれば幸いです。
多くの皆様の御参加を心よりお待ち申し上げます。

日本プロセス化学会2014サマーシンポジウム 世話人

秋山 隆彦        (学習院大学理学部化学科)
間瀬 俊明(Meiji Seika ファルマ株式会社)

Copyright ©2014 The Japanese Society for Process Chemistry & The Chemical Daily Co., Ltd.