English

第35回メディシナルケミストリーシンポジウム

実行委員長挨拶

 日本薬学会医薬化学部会の主催による第35回メディシナルケミストリーシンポジウムが、平成29年10月25日(水)~10月27日(金)の三日間、名古屋大学豊田講堂(名古屋市)にて開催されます。
 本シンポジウムは日本における創薬力の更なる向上を目的に、産学官の各分野で活躍されている多くの研究者が一堂に会して活発な意見交換が行われる創薬化学分野最大の学術会議です。第一線の研究者のみならず、これからの創薬を担う若手研究者・院生・学生の方々にとりましても、創薬化学研究に関する意識高揚や情報収集、ネットワーク形成のための貴重な場でもあります。
 今年度も創薬関連分野でフロントランナーとして活躍されている研究者の方々に、ご専門の研究に関する最前線と展望をご講演いただくことになっています。また、企業や大学の創薬の現場で活躍されている多くの研究者の方々に研究成果を口頭あるいはポスターで発表して頂き、活発な議論を繰り広げていただきます。新たな企画として、今年度はポスター発表を主題別にカテゴリー化しポスターを配置する予定です。主題別カテゴリーは、従来から活発に発表が行われてきた分野に加えて、これからのメディシナルケミストリーの発展に欠かせない関連学問分野においても設定し幅広く発表を募集します。共通の主題でより深い議論を可能にするとともに関連分野研究者との多角的な議論も大いに期待しています。
 名古屋での開催は11年ぶりになりますが、近年、創薬を取り巻く環境は大きく変化し、オープンイノベーションが活発に行われている昨今です。本シンポジウムでも参加者の皆様による積極的な知識や経験の共有を通して創薬力の更なる醸成の機会になることを期待しています。多くの皆様のご参加、ならびにご発表を心よりお待ち申し上げております。

実行委員長 福山 透
(名古屋大学大学院創薬科学研究科)

開催概要

【名 称】 第35回メディシナルケミストリーシンポジウム
【会 期】 2017年10月25日(水)~27日(金)
【会 場】 名古屋大学 豊田講堂(東山キャンパス)
〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町
豊田講堂ホール(1階)
シンポジウム、サテライトセッション、口頭発表、ポスターオーラルプレゼンテーション
アトリウム(1階)・ギャラリー(中2階ロビー)
ポスター討論
シンポジオン会議室(1階)
企業展示会
懇親会/アトリウム(1階)

2017年10月26日(木)18:30~20:30
【主 催】 公益社団法人 日本薬学会 医薬化学部会
実行委員長 福山 透(名古屋大学大学院 創薬科学研究科)
MCS2017事務局 名古屋大学大学院 創薬科学研究科 内
〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町
TEL:052-747-6817 FAX:052-747-6799
E-mail:fukuyama@ps.nagoya-u.ac.jp
【協 賛】 公益社団法人 日本薬学会・化学系薬学部会、同・生物系薬学部会、
同・構造活性相関部会、同・生薬天然物部会
【運 営】 (株)化学工業日報社 企画局「MCS2017」デスク
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7936 FAX:03-3663-7861
E-mail:sympo@chemicaldaily.co.jp
会期中現地連絡先:070-1501-7347(化学工業日報社 現地デスク)