プログラム

第1日目【 11月26日(水)】

MCS サテライトセッション:次世代を担う研究者による「MCS 優秀賞」
9:10〜9:35 サテライト セッション1
座長:田中 明人(兵庫医療大学)
スクアレン合成酵素阻害薬DF-461の創製
市川 正則(第一三共)
9:35〜10:00 サテライト セッション2
座長:田中 明人(兵庫医療大学)
新規キマーゼ阻害剤の創製 - SBDDによる種差克服を目指した分子設計
犬飼 隆之(小野薬品工業)
10:00〜10:25 サテライト セッション3
座長:田中 明人(兵庫医療大学)
ACAT2選択的阻害剤pyripyropene Aの構造簡略型誘導体の創製研究
大多和 正樹(北里大院薬)
10:25〜10:35
休憩
10:35〜11:00 サテライト セッション4
座長:竹内 淳(小野薬品工業)
プロトン感知性受容体GPR4アンタゴニストの創製とその薬理活性
大坪 伸将(協和発酵キリン)
11:00〜11:25 サテライト セッション5
座長:竹内 淳(小野薬品工業)
多様性拡大抽出物を利用した天然化合物様ライブラリーの構築
菊地 晴久(東北大院薬)
11:25〜11:50 サテライト セッション6
座長:竹内 淳(小野薬品工業)
新規P2X3受容体アンタゴニストの創製 −ピロリノン誘導体の合成と構造活性相関−
飛永 裕之(塩野義製薬)
シンポジウム:招待講演・一般発表
13:00〜13:10 開会挨拶
実行委員長 藤田 一司 (大日本住友製薬)
13:10〜13:50 招待講演1
座長:宮地 弘幸(岡山大学大学院)
医薬品医療機器総合機構(PMDA)の先進的取り組み
長野 哲雄(医薬品医療機器総合機構)
13:50〜14:30 招待講演2
座長:筒井 啓徳 (大塚製薬)
糖鎖イメージングによる糖鎖動態解析と糖鎖バイオロジクスの可能性
深瀬 浩一(大阪大学理学部)
14:30〜14:40
休憩
14:40〜16:00
ショートオーラルプレゼンテーション1(1P-01〜63)
16:00〜18:00
ポスター討論1(国際会議室301・レセプションホール)

第2日目【 11月27日(木)】

9:00〜 9:40 招待講演3
座長:藤田 一司(大日本住友製薬)
Privileged Structures for Epigenetic Target Families: the discovery of slowness
Gerhard Muller(Mercachem)
9:40〜 10:20 招待講演4
座長:藤岡 弘道(大阪大学薬学部)
腫瘍内細胞の表現型変化を制御する海洋天然物からの創薬とケミカルバイオロジー研究
荒井 雅吉(大阪大学薬学部)
10:20〜10:30
休憩
10:30〜11:10 招待講演5
座長:高山 廣光(千葉大学大学院)
芳香環直接連結法による生物活性分子の合成
山口 潤一郎(名古屋大学理学部)
11:10〜11:50 招待講演6
座長:向山 晴信(キッセイ薬品工業)
DNAメチル化の構造生物学とin-cell NMRによる細胞内でのタンパク質と薬剤の相互作用の観察
白川 昌宏(京都大学大学院工学部)
11:50〜13:00
昼食休憩
13:00〜14:20
ショートオーラルプレゼンテーション2(2P-01〜63)
14:20〜16:20
ポスター討論2(国際会議室301・レセプションホール)
16:20〜16:40
次期実行委員長挨拶  高山 廣光(千葉大学大学院)
16:40〜17:20 招待講演7
座長:大高 章(徳島大学大学院)
膜タンパク質研究の新ツール:coiled-coil標識法
松崎 勝巳(京都大学薬学部)
17:20〜18:00 招待講演8
座長:青木 一真(第一三共)
リゾリン脂質 -基礎から創薬まで-
青木 淳賢(東北大学薬学部)
18:30〜20:30
懇親会(ポートピアホテル30階・スカイラウンジ プレンデトワール)

第3日目【 11月28日(金)】

9:00〜 9:40 招待講演9
座長:佐々木 茂貴(九州大学大学院)
PETイメージング創薬の基盤となる標識化学技術:低分子、中分子、生体分子のPETプローブ化法
土居 久志(理研)
9:40〜10:20 招待講演10
座長:夏苅 英昭(帝京大学)
スパコン「京」から観えてきた10年後の計算創薬
奥野 恭史(京都大学医学部)
10:20〜10:30
休憩
10:30〜11:00
医薬化学部会賞 授賞式
メディシナルケミストリーシンポジウム優秀賞 授賞式
11:00〜11:40 医薬化学部会賞 受賞講演1
座長:夏苅 英昭(帝京大学)
経口糖尿病治療薬TS-071(Luseogliflozin)の研究開発
柿沼 浩行(大正製薬 医薬化学研究所)
11:40〜12:20 医薬化学部会賞 受賞講演2
座長:夏苅 英昭(帝京大学)
ALK(anaplastic lymphoma kinase)選択的阻害剤アレクチニブの創製
及川 信広(中外製薬 創薬化学研究部)
12:20〜12:30 閉会挨拶
実行委員長 藤田 一司(大日本住友製薬)

講演プログラム(印刷用)

講演プログラムが、こちらからダウンロードできます。
(program3.pdf:343KB)
ポスター発表プログラムが、こちらからダウンロードできます。
(poster.pdf:437KB)


(c)2014 The Pharmaceutical Society of Japan All Rights Reserved.