プログラム

第1日目【 11月20日(水)】

9:30〜11:50 MSCサテライトセッション
S-1
海洋天然物cortistatin Aを基盤とする抗腫瘍活性リード化合物の創製
古徳直之(大阪大学)
S-2
ピロロ[3,2-d]ピリミジン骨格を有するHER2/EGFR阻害薬のデザインと合成
:新規バックポケットバインダーの探索
川北洋一(武田薬品工業)
S-3
カテプシンK阻害剤ONO-5334の創製 〜代謝物から新たな阻害剤の発見と展開〜
今川 昭(小野薬品)
S-4
ラメラリンの軸不斉を利用したプロテインキナーゼ阻害選択性の制御
福田 勉(長崎大学)
S-5
レニン阻害剤DS-8108bの創製
中村勇二(第一三共)
13:00〜13:10 開会挨拶
13:10〜14:30 招待講演
L-1
Gタンパク質共役型受容体の系統的かつ迅速な解析に向けて
岩田 想(京都大学)
L-2
X線自由電子レーザー SACLAと創薬研究
石川哲也(理化学研究所)
14:40〜16:00 ショートオーラルプレゼンテーション1(1P-01〜67)
16:00〜18:00 ポスター討論1

第2日目【 11月21日(木)】

9:00〜11:50 招待講演
L-3
AMPA型グルタミン酸受容体拮抗薬ペランパネル(E2007)の創薬研究
花田敬久 (エーザイ)
L-4
アカデミア創薬における理研創薬・医療技術基盤プログラムの取り組み
橋爪良信(理化学研究所)
L-5
製薬産業イノベーションとグローバリゼーション
近藤裕郷(塩野義製薬)
L-6
生物活性アルカロイドの合成研究
宍戸宏造(徳島大学)
13:00〜14:20 ショートオーラルプレゼンテーション2(2P-01〜68)
14:20〜16:20 ポスター討論2
16:30〜16:40 次回実行委員長挨拶
16:40〜18:00 招待講演
L-7
High Performance Computer Aided Drug Design
藤谷秀章(東京大学)
L-8
Discovery of Alogliptin (Nesina), a Highly Selective Dipeptidyl Peptidase-4
Inhibitor for the Treatment of Type 2 Diabetes
Kenneth Goodwill(Takeda California, Inc.) 
18:30〜20:30 懇親会

第3日目【 11月22日(金)】

9:00〜10:20 招待講演
L-9
有機触媒を用いたプロスタグランジンの3ポット合成
林 雄二郎(東北大学)
L-10
鼻アレルギー・花粉症治療の現状と今後の課題
大久保公裕(日本医科大学)
 
10:30〜11:00 医薬化学部会賞 授与式
優秀発表賞 授与式
11:00〜12:20 医薬化学部会賞 受賞講演
A-1
2型糖尿病治療薬テネリグリプチンの創製
赤星文彦(田辺三菱)
A-2
糖尿病治療薬を指向したGPR40作動薬Fasiglifam(TAK-875)の創製
根来伸行(武田薬品工業)
12:20〜12:30 閉会挨拶

講演プログラム(印刷用)

講演プログラムが、こちらからダウンロードできます。
(program2.pdf:338KB)
ポスター発表プログラムが、こちらからダウンロードできます。
(poster.pdf:385KB)


(c)2013 The Pharmaceutical Society of Japan All Rights Reserved.