イノベーションを支える素材展 in 大阪

Manu

出展社紹介

豊国製油株式会社

@代表者 代表取締役社長 今川和明
A創業年月日 1951年11月
B社員数 99
Cイチオシ製品・事業 HS ダイマーA 20、A 20 P、HS クリスタ各種(αオレフィン誘導体製造・販売)
D沿革 昭和26年11月植物油脂・化成品製造を目的に設立、同39年現在地に移転後、ヒマシ油・セバシン酸とその誘導体を製造、平成元年脂肪酸エステル装置を増設、同5年3月東京営業所開設、同年12月ISO9002取得、同8年資本金9,200万円に増資、同9年8月三重工場完成、同10年12月ISO9002、同12年12月ISO14000取得、同15年12月ISO9001移行。
EPR 当社は品質マネジメントシステム「ISO9002/1994」を日本の植物油脂メーカーとして初めて取得しました。これにより「セバシン酸(ひまし油誘導体)」の製造販売分野で高度な品質体制と商品の安定供給を実現しました。1997年8月三重県津市に第二工場を建設し早くから2極生産体制を整えリスク分散を強化しています。また、当社が保有する高度な反応設備を利用して大手石油メーカーからαオレフィン誘導体事業を一部移管し石油製品の製造販売も開始、新たな分野へ進出しました。2014年4月には太陽光発電を開始、環境負荷の低減にも貢献しています。こうした地道な企業努力が実り、2014年9月に高度な技術や高品質を誇る中小企業を顕彰する「大阪ものづくり優良企業2014」を受賞しました。2015年12月には三重工場を増設し新たなエステル化製品の開発、製造を開始しています。今後も「お客様の信頼に応えご満足を提供出来る」メーカー体制を整えて参ります。
F出展担当者 今川博道
TEL:同上
E-mail:imajiro@hokoku-corp.co.jp