イノベーションを支える素材展 in 大阪

Manu

出展社紹介

太平化学産業株式会社

@代表者 代表取締役社長 吉川正彦
A創業年月日 1946年4月
B社員数 188
Cイチオシ製品・事業 リン酸塩事業
D沿革 1946年に藤沢薬品工業の傍系会社として創立され、1947年に社名を現「太平化学産業株式会社」に改称しました。1948年に日本燃性化学工業所を吸収合併して岐阜工場で活性炭を製造し、同年に東邦商事を吸収合併して東京へ進出しました。1949年に藤沢薬品工業石切工場を譲り受け、大阪工場として各種リン酸塩類生産の基盤となりました。1953年にリン酸塩類の需要増大に対する春日井工場の新設に伴い岐阜工場を閉鎖し、1975年に奈良工場の新設に伴い大阪工場を閉鎖しました。2014年には本社事務所を移転して現在に至ります。
EPR 弊社はリン酸2次塩製造の国内トップメーカーで主軸となるリン酸塩類、メディカルおよび活性炭事業を展開しております。より多くの分野でリン酸塩を応用して頂くため、リン酸カルシウム塩および難燃剤を紹介しています。リン酸カルシウム塩には様々な用途があり、食品添加物、生体材料、化粧品原料及び歯磨用基材などの分野で使用されています。難燃剤は紙、木材、樹脂及び塗料などへの用途があります。高度な技術を背景に高付加価値が期待できる医療分野への攻勢や、食品添加物製剤及び難燃剤の開発を進めています。
F出展担当者 左居宗樹
TEL:06-6942-7425
E-mail:sai@taihei-chem.co.jp