イノベーションを支える素材展 in 大阪

Manu

出展社紹介

堺化学工業株式会社

@代表者 代表取締役社長 矢部正昭
A創業年月日 1918年6月
B社員数 692
Cイチオシ製品・事業 酸化チタン、バリウム製品、亜鉛製品、樹脂添加剤、触媒ほか
D沿革 1918年6月に「堺精煉所」を創立、化粧用白粉に使われていた鉛白による鉛中毒が社会問題となっていた当時、代替となる安全な酸化亜鉛を普及すべく、国内製造法を改良し製造を開始しました。1920年5月には事業拡大を見据えて個人経営形態から合資会社組織に改組。1932年2月の組織変更によって「株式会社堺精煉所」となり、同年11月に現社名である「堺化学工業株式会社」に商号を変更しました。
EPR 無機化合物に高度な機能を与える「粉体プロセッシング技術」、無機から有機への展開で培った「有機合成技術」、医療・健康分野のさまざまなニーズに応える「医薬品製造技術」。これらコア技術をもとに、多種多様な製品を生み出しています。
粉体プロセッシング技術では、超微細化、形状制御技術、表面処理などを組み合わせ、製品の高機能化を実現します。
有機合成技術では、有機イオウ化合物や有機リン化合物を開発し、高度な合成技術の応用により幅広い分野に展開しています。
医薬品製造技術では、最先端の合成技術と製造設備でX線造影剤や消化器系治療薬など各種医薬品および原薬・中間体を開発・製造し、医療現場の最前線を支えています。
F出展担当者 小菅英
TEL:同上
E-mail:soumu@sakai-chem.co.jp