CNF展示会 セルロースナノファイバーノの最前線2018

Manu

CNF展示会概要

 植物由来の次世代素材として急速に注目が集まっているセルロースナノファイバー(CNF)は鉄の5倍の強度、重量は5分の1という稀有な機能を有することで、合成樹脂や合成ゴムなどとの複合化により、さまざまな素材の特性を向上させることが期待されています。
 化学工業日報社は今年の2月28日、大阪市の大阪産業創造館で「CNF展示会〜セルロースナノファイバの最前線」(後援=経済産業省、農林水産省、環境省、文部科学省)を開催し、1,500名を超える方のご来場を頂きました。また、日本製紙や旭化成など17の企業と団体が出展し、CNFで新事業に挑む企業が用途展開や複合材料をはじめ、商用化を支える分析技術や装置なども展示していただき、ご好評をいただきました。
 そこで、化学工業日報社では2018年3月22日・23日にCNFの魅力を総合的に紹介するイベントCNF展示会「セルロースナノファイバーの最前線 2018」を開催することになりました。また、弊紙・化学工業日報では、第一線で業界を牽引する研究者、素材メーカー、加工メーカーなどの最新情報を網羅した特集号を発行します。そのほか、基調講演をはじめ、出展企業のプレゼンテーションによる来場者への自社製品のPRなど、幅広いユーザーへCNFの理解を深めてもらう場を提供いたします。何卒、展示会の趣旨をご理解いただき、ぜひご出展を賜りたくお願い申し上げます。

【名   称】 セルロースナノファイバーの最前線 2018
【開 催 日】 2018年3月22日(木)13:00〜17:00
2018年3月23日(金)10:00〜17:00
【場   所】 大阪産業創造館3F マーケットプラザ
【小間サイズ】 W3,000mm X D1,500mm X H2,700mm
【見込み来場者数】 2,000名(入場料無料)
※前回来場者数:1,538名
【主   催】 株式会社 化学工業日報社
【後   援】 文部科学省、その他申請中
【出 展 料】 ¥200,000-(税別)
出展料には記事紹介(化学工業日報)
およびプレゼンテーション(20分)を含む
(プレゼン時間は申込順)
(予定数に達し次第締め切り)
【申し込み締め切り】 2017年12月22日(金)
展示会来場者分布

会場ご案内図

map

前回出展社一覧

旭化成株式会社、大阪ガス株式会社、草野作工株式会社、スターライト工業株式会社、第一工業製薬株式会社、大王製紙株式会社、株式会社東ソー分析センター、日本スピンドル製造株式会社、株式会社日本製鋼所、日本製紙株式会社、株式会社服部商店、株式会社三井化学分析センター、三和化工株式会社、モリマシナリー株式会社、株式会社山文電気、ユニチカ株式会社、部素材産業-CNF研究会

特別講演会

【特別講演会】 2018年3月22日(木)14:00 - (聴講無料・登録制)
2018年3月23日(金)11:00 - (聴講無料・登録制)
【場   所】 大阪産業創造館4F イベントホール
【講 演 予 定】 講師:選定中

特集号の概要

【特集のテーマ】 セルロースナノファイバーの最前線
【記事の内容】 ◇経済産業省、環境省、農林水産省、文部科学省CNF担当の講座会(予定)
◇各企業の取組(各社取材)
【発行期日】 2018年3月12日(月)

事務局(お問い合わせ)

化学工業日報社 大阪支社
〒541-0042 大阪市中央区今橋3-1-7 日生今橋ビル
TEL:06-6232-0222 FAX:06-6232-0777