CNF展示会

Manu

展示会概要

「セルロースナノファイバーの最前線」開催

化学工業日報社では2017年2月28日にセルロースナノファイバー(CNF)の魅力を総合的に紹介するイベントCNF展示会「セルロースナノファイバーの最前線」を開催します。CNFビジネスに取り組む企業や関係団体などが出展するほか、特別講演会や出展企業のプレゼンテーションなども設けております。幅広い市場の皆様へCNFの理解を深めてもらうための催しで、CNF業界を牽引する企業・団体と情報交換の場として活用いただければと企画いたしました。また、同月20日には研究者や素材メー力一、加工メー力一などの活動を網羅した特集号を発行します。


【名   称】 セルロースナノファイバーの最前線
【開 催 日】 2017年2月28日(火)10:00〜17:00
【場   所】 大阪産業創造館3F マーケットプラザ
【主   催】 株式会社化学工業日報社
【後   援】 経済産業省、文部科学省

セルロースナノファイバーとは

CNF

 日本発の天然ナノ素材として注目が高まっているセルロースナノファイバー(CNF)は、鉄の5倍の強度、重量は5分の1という希有な機能を有し複合化により樹脂やゴムなど、さまざまな素材の特性を向上させることが期待されています。自動車をはじめ化粧品までの幅広い分野で革新を起こし、日本の産業競争力向上に資する可能性を秘めているといっても過言ではありません。国も素材のポテンシャルを看過せず、全国的な組織としてのナノセルロースフォーラムを結成し、すでに素材メー力一から加工メー力一まで幅広いメンバーが集結しています。また、各省庁では連絡会議も結成され、予算や研究面におけるオール・ジャパンでの支援体制も日々充実の度を増しています。産業界側もこれに呼応し、素材メー力一が水溶液から粉末までグレード品の拡充に力を注ぎ、加工メー力一では自社の素材に配合し使いこなす技術に日々磨きをかけています。潜在需要は現在明らかになっている分野だけにとどまらず、素材の市場導入、社会実装化が急速に進むものと予想されます。

会場ご案内図

会場ご案内図

出展社一覧

旭化成株式会社、大阪ガス株式会社、草野作工株式会社、スターライト工業株式会社、第一工業製薬株式会社、大王製紙株式会社、株式会社東ソー分析センター、日本スピンドル製造株式会社、株式会社日本製鋼所、日本製紙株式会社、株式会社服部商店、株式会社三井化学分析センター、三和化工株式会社、モリマシナリー株式会社、株式会社山文電気、ユニチカ株式会社、部素材産業-CNF研究会

特別講演会

【特別講演会】 2017年2月28日(火)10:00-(聴講無料・登録制)
【場   所】 大阪産業創造館4F イベントホール
【講 演 予 定】

◇京都大学 生存圏研究所 生存圏開発創成研究系 教授 矢野 浩之博 氏
◇日本製紙株式会社 研究開発本部 CNF研究所長 河崎雅行 氏
◇東京大学 大学院農学生命科学研究科 教授 磯貝明博士 氏
◇花王株式会社マテリアルサイエンス研究所グループリーダー 上席主任研究員 熊本吉晃 氏

プレゼンテーションスケジュール

企業プレゼンテーションにご参加の方は、開始5分前に展示会場内のステージ前にお集り下さい。
(先着順に受付ます)

時間
会社名
1. 10:00〜10:25
大王製紙株式会社
2. 10:30〜10:55
第一工業製薬株式会社
3. 11:00〜11:25
三和化工株式会社
4. 11:30〜11:55
旭化成株式会社
5. 12:30〜12:55
株式会社日本製鋼所
6. 13:00〜13:25
モリマシナリー株式会社
7. 13:30〜13:55
株式会社東ソー分析センター
8. 14:00〜14:25
日本スピンドル製造株式会社
9. 14:30〜14:55
株式会社三井化学分析センター
10.15:00〜15:25
ユニチカ株式会社
11.16:00〜16:25
草野作工株式会社

事務局(お問い合わせ)

化学工業日報社 大阪支社
〒541-0042 大阪市中央区今橋3-1-7 日生今橋ビル
TEL:06-6232-0222 FAX:06-6232-0777