化学物質管理ミーティング2018

Manu

化学工業日報社
セミナー・展示会ご案内

化学物質管理にフォーカスした
国内唯一のビジネスマッチングイベント

「化学物質管理ミーティング」は、化学物質を適正に管理するためのツールやサービスを提供する事業者と化学物質管理で悩みを抱える事業者の双方を結びつける、国内唯一の情報交流展として2015年よりスタートしました。
 化学物質管理の対象は、研究開発から製造・使用、廃棄に至るライフサイクル全体にわたっており、それらに関連する全てが出展対象となっております。
 また、第4回目を迎える今回は、社会基盤と安全を支える技術、素材をテーマとする「ケミカル マテリアル Japan 2018」展と共同開催となり、幅広く多数の来場者との相乗効果が見込まれています。
 来場者対象者としては、化学メーカーのみならず、製薬・化粧品メーカー、家電・電気メーカー、自動車メーカーの品質管理部門、研究開発部門の担当者が参加します。
 化学物質管理を適正に実施することは、経済活動を円滑に進める上で必要なだけでなく、製品の安全を担保し、社会的信頼につながる重要な課題です。
 お持ちの有益な情報を発信していただき、日本の産業界の安心、安全の確立へご寄与いただけると幸いです。開催趣旨にご賛同いただき、是非ともご出展賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

開催概要

【名 称】 化学物質管理ミーディング2018
【会 期】 2018年5月17日(木)・18日(金)の2日間
【時 間】 9:00〜17:00
【会 場】 パシフィコ横浜 ホールD  (横浜市西区みなとみらい1-1-1)
【参加費】 事前登録者・案内状持参者:無料
(当日参加者:有料1,000円(税込))
【主 催】 株式会社化学工業日報社
【後 援】
 (予定)
経済産業省、厚生労働省、環境省、神奈川県、横浜市、川崎市、
一般社団法人産業環境管理協会、独立行政法人製品評価技術基盤機構、中央労働災害防止協会、
一般社団法人日本化学工業協会、一般社団法人日本化学品輸出入協会、
一般社団法人日本化学物質安全・情報センター、公益社団法人日本作業環境測定協会
一般社団法人日本試薬協会
【併催展】 ケミカル マテリアル Japan 2018
出展対象 @化学品コンサルタント
A物流・流通
B保険
C土壌コンサルタント
D廃棄物処理・リサイクル
Eサポート・インダストリー(分析機器、ラベル印刷 等)
Fデータベース・システム 等
来場対象 化学メーカー、製薬・化粧品メーカー、家電・電気メーカー、
自動車メーカーの研究開発/品質管理/環境安全/輸出管理担当者、
商社、大学、官公庁 等
入場者数
(予定)
10,000名以上

更新情報

  • 2017.12.1
    開催時間を9:00〜17:00と変更しました。
  • 2017.11.10
    展示会出展募集・スポンサーシップ(広告)のお申込受付を開始いたしました。
  • 2017.11.10
    ホームページを開設いたしました。

出展概要

1.出展料金: 1ブース 450,000円(税別)〜500,000円(税別)
上記出展料金には、会場の1ブースにプラスして、
@新聞「化学工業日報」本紙を使用した同展示会特集号への掲載
A会場での出展社プレゼンテーション
B化学工業日報社ホームページ、メールマガジンによる告知が含まれます。
2.ブース形態: パッケージブース(1ブース:間口3m×奥行3m×高さ2.4m)
3.ブース基本設備: 後壁・横壁/社名版(パラペット)/
展示テーブル1台(450mm×1800mmクロス付)/
FL40w 1灯/2口コンセント(500Wまで)/
椅子2脚を事務局が設置します。
4.申込締切日: (早期割引)2017年12月8日(金)までのお申込 450,000円(税別)
(最終締切)2018年2月28日(水)までのお申込 500,000円(税別)
※締切日前でも予定数に達した場合はお申込をお断りさせていただきます。
5.スポンサーシップ: ・オフィシャルバッグ(手提げ袋)への広告 350,000円(税別)
・新聞広告 150,000円(税別)
・webバナー広告 150,000円(税別)
詳細につきましては運営事務局までお問い合わせください。
6.出展案内/
  スポンサーシップ案内:

出展のご案内と申込書がこちらよりダウンロード出来ます。

スポンサーシップ(広告)のご案内と申込書がこちらよりダウンロード出来ます。

前回(化学物質管理ミーティング2017)実績

1.会期: 2017年8月24日(木)・25日(金) 9:30〜17:00
2.会場: パシフィコ横浜 ホールC
3.後援: 経済産業省、厚生労働省、環境省、神奈川県、横浜市、川崎市、
一般社団法人日本化学工業協会、一般社団法人産業環境管理協会、
独立行政法人製品評価技術基盤機構、中央労働災害防止協会、
一般社団法人日本化学物質安全・情報センター、公益社団法人日本作業環境測定協会
4.入場者数: 8,067名(前々回 8,406名)
5.出展社数: 49社65ブース(前々回 39社58ブース)
6.出展社一覧:
 (50音順)
(株)アイ・オー・データ機器、イー・アール・エム日本(株)、AJS(株)、エプソン販売(株)、(株)LSIメディエンス、エンバイロメント・ジャパン(株)、 (株)アジアンエクスプレス、伊藤忠テクノソリューションズ(株)、SGSジャパン(株)、(株)江守情報、エンヴィーゴ(株)、(一社)海上災害防止センター、 (株)化学工業日報社、(財)韓国化学融合試験研究院(KTR)、ケムウォッチ、(一財)化学物質評価研究機構(CERI)、Knoell Japan(株)、 (株)ケムトピア、さがみ化学物質管理(株)、シーエージャパン(同)、(株)島津製作所、3E COMPANY、一般社団法人産業環境管理協会、 島津エス・ディー(株)、(株)住化分析センター、(株)セーフケミカル、中国化工信息中心(CNCIC)、(株)東レリサーチセンター、テクノヒル(株)、 ドレーゲル・セイフティージャパン(株)、(株)日報化学品法規情報センター、日本ケミカルデータベース(株)、 日本エレクトロニクス工業(株)/(株)iBou、日本チャールス・リバー(株)、(株)ハチオウ、ハニカム・テクノリサーチ(株)、 北京正智遠東化工(OCI)/遼寧千一テスト評価科技発展有限公司、(同)ハトケミジャパン、富士フイルム(株)、(株)メディアサービス、 UL Japan(株)、Beijing Boarding Card Chemical Regulatory Consulting Co., Ltd.、Nam&Nam International Co., Ltd.、 Reach24h Consulting Group China、Hangzhou CIRS Co,. Ltd. (CIRS China)、Randis ChemWise (Shanghai) Co., Ltd.、 Regulatory Services International/RSI
前回(化学物質管理ミーティング2016)実績

お問い合わせ・お申し込み

(株)化学工業日報社「化学物質管理ミーティング」事務局
〒103-8485東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7936  FAX:03-3663-7861
e-mail:event@chemicaldaily.co.jp